包丁・調理器具の通販「包丁専門店の堺屋」刃物のふるさと堺〜包丁
TOPページ>安来鋼銀紙三号 出刃包丁・刺身包丁二丁組み(黒檀柄仕様)
男の料理、男の料理道具、包丁愛好家憧れの『黒檀柄』
出刃包丁・刺身包丁の二丁組み(黒檀柄)
黒檀柄とは?
黒檀は熱帯、亜熱帯地方で産出される、唐木(紫檀、黒檀、鉄刀木(たがやさん)、花梨の総称)のなかでも最も良質の木であるカキノキ科の植物。黒檀の良さは、硬くて強靭半永久的な耐久力木肌の細かさ…そして一番は、油が多いため磨けば磨くほど金属のような光沢が出ること。そのため、高級家具材や高級建築材、彫刻などに珍重されています。しかし、現在では伐採しつくされ、種類によっては入手困難なものがあります。

包丁の柄としては、朴(ほう)が一般的で、料理人も黒檀よりも朴を好みます。
朴は軽く、持ちやすく、使い込むうちに木が締まり、自分の手にあった形に変形するため非常に手に馴染みます。逆に、黒檀は硬く、使い込んでもなかなか木が締まらず、そして朴に比べてかなり重いです。どれくらい違うかと言うと、それはもう素人でも子供でも、誰でも分かるくらいです。

あまり良いことがなさそうな黒檀ですが、それでも料理人なら必ず一丁は持っています。
人前で料理を披露することの多い料理人さんや、包丁愛好家の方の方ならもっとお持ちかもしれません。


 料理人の晴れ舞台に登場する『黒檀』 包丁愛好家憧れの『黒檀』
包丁を見たお客様は、ほぼ全員の方が
「(朴の柄の包丁より)こっちの方が格好いい」と仰ります。
ですが、実際値段を聞いて驚かれます。
何故かと言うと…

柄だけで包丁一丁分の値段がするからなんです。
(つまり値段は普通の包丁の倍!になります)
それだけ、質の良い黒檀が貴重になってきているのです。


テレビの料理番組や、対面式の寿司屋や割烹など…
『誰かに包丁を使う姿を見せる時』には、黒檀柄の包丁を使って調理されている場合が多いですね。(撮影で使っているのは朴の木でも、さり気なく黒檀柄の包丁が横に置いてあったりします)

人前に出るときには、黒檀柄の包丁を出す、使う。
恐らく、「黒檀柄の包丁を持っている」という事が、一種のステイタスやアピールポイントになっているのかもしれません。素人の方でも、包丁や料理の好きな方(特に男性)は必ず黒檀の包丁を持っておられます。好みにもよりますが「この硬さと重さがいい」と仰る方もいます。

黒檀柄が付いている事は、本体もそれだけ良いという事
柄の部分だけで高級包丁本体と同じくらいの値段がしますので、このような柄が付く包丁といえば、料理人が使う中でも、良い部類の包丁にしか使われません。「包丁本体よりも柄のほうが高い」という事は滅多にありません。ご家庭用業務用ならスプルス、プロの料理人用なら朴の木、そして晴れの舞台に活躍する一級包丁は黒檀。『黒檀の柄が付いている』という事は『良い包丁を持っている』という分かりやすい目安なのかもしれないですね。

装飾を加えると、さらに華やかになりますが、包丁としての(実用性)と(出来る限りシンプルに)を追求しますと、この辺りが丁度良いのではないでしょうか。

 最近は黒単色よりも濃淡が混じっている
 ようなものが好まれているようです。



「基本の包丁は持ってる、少し違った包丁が欲しい!」「格好の良い包丁が欲しい!」
そんな、一歩前に進んだ方には断然お奨めです。黒檀柄はやっぱり格好良いですよ!
安来鋼銀紙三号(銀三包丁)のご説明はこちらをクリック。
●包丁ご利用用途●
小〜中魚をさばく時につかう出刃包丁(刃渡り150ミリ)と、刺身用の包丁の刺身包丁(刃渡り210ミリ)です。
魚料理に欠かせない二丁組みのセットになっております。
本出刃包丁で魚などの骨を断ち切る時は、刃元
(持ち手に近い方の刃)を使い、左右にこじらずお使い下さい。

出刃・刺身包丁どちらも、ご家庭用として一般的に広く使われているサイズでお造り致しました。
大変よく切れますが、冷凍の魚など冷凍食品、硬い食材は×です。

●包丁ご使用ランク●
1 5 10
切れ味 8 料理人用である、安来鋼白紙二号並に切れる。
鋼の硬さ 8 上記と同様。
研ぎやすさ 7 ステンレスと違い研げる。普通の砥石でOK。
錆びやすさ 2 錆びに強い。変色はあっても殆ど錆びない。
欠けやすさ 7 左右にこじらなければ欠けない。初心者も安心。

総合 安来鋼銀紙三号(銀三包丁)のご説明はこちらをクリック。
柄に八角黒檀水牛柄を使用しておりますので、通常の包丁よりも重みを感じると思います。
しかし、鋼の銀と柄の黒は、使う人、見る人に非常に研ぎ澄まされた印象を与えます。
料理人や、包丁愛好家はここぞ、という時に黒檀柄の包丁を使う事が多いそうです。
「料理を始めるにはまず道具から!」「見た目も良い包丁が欲しい」という方にはお奨めします。
堺佑助造(サカイユウスケゾウ)
サイズ
本出刃包丁(右用) 全長 約290ミリ 刃渡り 約150ミリ 重さ 約290グラム
刺身包丁(右用) 全長 約345ミリ 刃渡り 約210ミリ 重さ 約150グラム
素材
安来鋼銀紙三号 口金・柄 八角黒檀水牛柄
仕上げ 霞仕上げ(霞研ぎ)、裏は斜め研ぎ、裏押し済、マチくり処理済、柄の形は八角になります
備考 黒檀でとことん揃えたい!という方には黒檀鞘(サヤ)・黒檀ピンもございます。
ただ、包丁にあわせてお造りしますのでお届けまで1ヶ月程度かかる場合もございます。
出刃包丁・刺身包丁あわせて別途\25,000ほどかかります。詳しくはお問い合わせ下さい。
また、黒檀の盛り箸(もりばし:料理を皿に美しく盛り付ける時に使います)も近日ご紹介予定です!

▲クリックすると拡大します▲

商品名 堺佑助造銀三和包丁二丁組み(黒檀柄仕様)
商品番号 gin3-sp2ds
価格
カードで
お支払い→
価格 ¥48,000 (税込:¥50,400)
代金引換
銀行振込
ご利用は
こちら→

包丁お名前入れご希望の方はこちら(一丁1〜3文字:500円)