包丁・調理器具の通販「包丁専門店の堺屋」刃物のふるさと堺〜包丁
堺の包丁屋、堺屋 伝統600年、本場の切れ味をお届けします!
ようこそ堺へ!600年の伝統が息づく包丁職人の町
TOPページ>包丁の後片付け
錆びさせない、包丁の後片付け


 和包丁、というとすぐ「錆びる」という言葉が浮かんでくる方が多いのではないでしょうか。
 
「プロの人だから扱えるけど、素人が使うと錆びるから良い包丁も宝の持ち腐れじゃないの?」

 いえいえ!
 そんな事はありません。

 和包丁は、簡単な後片付けだけで、錆びを防ぐことが出来ます。
 プロの料理人さんは、それを知っているから良い包丁を使う事ができるんです。



 「でも後片付けって難しくて面倒なんでしょう?」


 大丈夫ですよ!
 基本の基本は、本当に簡単です。ちょっとしたポイントがあるんです。



 さて、ここでは「包丁屋が勧める包丁の後片付け」と題しまして、当店で和包丁をご購入頂いた方はもちろんの事
 これから和包丁を始めたい方や今まで和包丁に抵抗を感じていた方、今現在和包丁を持っている方…
 皆様の参考になれば、と思います。


包丁屋が勧める包丁の後片付け
■特別に用意する物
 乾いたふきん、又はタオル・・・・・・・1枚
 熱湯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カップ1〜2程度
 包丁を使い終わりました。

 さて、早速重要なポイントが!

  包丁は使った後にすぐ!!洗ってください。
 切り終わったら直ぐ洗うが鉄則です。
  1分1秒を争うほどではありませんが、出来るだけ早い方が良いです。

 さて、包丁を使った後はまず洗いましょう!
 お茶碗もお箸もお皿もお鍋も…使った後は、すぐ洗いますよね。
 それと同じです。


 そんなにゴシゴシ洗う必要はないです。
 お茶碗やお箸などと一緒ぐらいの洗い加減で良いです。
 次はすすぎます。
 これもお茶碗やお箸などと同じくらいで結構です。

 すすぐ際に、柄の部分にあまり水分がかからないように
 した方が柄が長持ちし、包丁も錆び難くなります。
 裏側も綺麗にすすぎます。

 別に、特別気合を入れて綺麗にすすがないといけない、
 というわけではないです。
 次に…

 ここでポイント!
 熱湯(予め電気ポットなどにお湯を確保しておきます)を
 包丁の刃全体にかけます。


 こうする事で、鋼が温まり、水分を拭いた後に残った僅かな
 水分が自然乾燥しやすくなり、錆びにくくなります。
 最後が1番重要です

 乾いたタオル又はふきんで包丁をふいて下さい。
 この際は、刃先に注意して拭いて下さいね。

 刃物は水分を一番に嫌います。
 しっかり水分を取ってあげて下さい。

 如何でしたでしょうか?

 あっ!と言う間に終わってしまいました。
 (包丁後片付け時間:約50秒!インスタントラーメンの半分以下です)
 和包丁をお持ちの方は、ぜひこの方法を試してみてください。
 「和包丁って以外と錆びないんもんなんだなぁ!」と感じていただける事と思います。